FC2ブログ

明日の医療を考えるウロギネの会 ブログ

「明日の医療を考えるウロギネの会」の市民勉強会などをお知らせするブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊朝日 名医の最新治療

先週発売の9月7日号週刊朝日の名医の最新治療に、女性の骨盤臓器脱が取り上げられました。
数年前までは、骨盤臓器脱という言葉も知られていませんでした。子宮脱なら聞いたことがあるという方はいらっしゃるでしょう。子宮脱も骨盤臓器脱の一つです。子宮や膣、膀胱、尿道、小腸、直腸などの骨盤内の臓器が、膣壁を押して体外に出てくる病気です。膣から臓器が出てくるのですから、違和感はすごくあります。便秘になる人もいます。
症状が軽いと、頻尿、咳き込んだり大きなくしゃみをした時の尿もれなどですが、進行するとおしっこの出が細く、時間がかかるようになったり、お腹が引っ張られる感じがしたり、座ると違和感があったりします。もっと進行すると膣に丸いものが触れるようになります。昔、家庭に風呂の無い時代には、完全に脱出している状態を「なすび」と言って、お風呂屋さんで見られたそうです。最新治療方法については、週刊朝日をご一読ください。
 平安時代の書物にも記述があると聞いたことがありますが、昔から女性を苦しめた病です。

原因は、出産によりついた傷が、産後のケアが十分でないと完全には回復しないまま閉経を迎え、加齢により脆弱化した骨盤底筋が骨盤内の臓器を支えきれずに、女性ホルモンの減少により薄くなった膣壁を押し出してくることによります。つまり、弱いところが重なりあうことが原因と考えられています。ハンモックのように臓器を支えていた骨盤底筋という筋肉群(恥骨〜尾骨までの筋肉)ですが、元々はしっ尾を振る筋肉だったので、今は目的外使用のため過大な働きを要求されているということのようです。
この骨盤底筋は、筋肉なので鍛えれば強くなりますが、今までこの筋肉を意識した生きてきた方は少ないと思います。骨盤底筋体操は、このよくわからない筋肉を鍛えて、きちんと臓器を支えられるようにしようとする体操です。意識するのが難しい筋肉を鍛えるという何だかよくわからない体操なので、理学療法士や、看護師などの指導者についてコツをつかむまで実際に何度も学ぶ必要があります。コツがわかれば、いつでも、どこでも出来る体操なので、効果が期待できます。
さて、名医の最新治療では、全くこの骨盤底筋体操には触れるページ数が足りなかったと思われるが、札幌市在住の主婦、鈴木眞智子さんの体験談も掲載されています。
ウロギネ女性の会では、骨盤底筋体操指導と骨盤臓器脱・尿もれ相談会を開きます。
9月8日(土)エルプラまつり

エルプラザ札幌3階健康スタジオB
理学療法士による骨盤底筋体操指導:13:00 14:00 15:00
 各回8人 
時間までに直接お越しください
相談会:体操終了後、個別に承ります
 
スポンサーサイト

テーマ:病気一般 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2012/09/03(月) 02:05:58|
  2. NEWS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mack10go

Author:mack10go
連絡先
〒064-0808
札幌市中央区南8条西2丁目
市民活動プラザ星園407

011-251-1363
(相談専用電話:1週間毎に確認しているのでお返事には1週間以上かかることをご了承ください)


ホームページ
http://www.urogyne1017.com/

最新記事

カテゴリ

未分類 (23)
勉強会 (30)
通信 (3)
ポスター (1)
ポスター展 (7)
ホームページ (3)
Q&A (0)
Q&Aではなく・・ (1)
市民公開講座 (34)
電話相談 (13)
テレビ (1)
交流会 (3)
NEWS (1)
エルプラまつり (1)
ラジオ (2)
POPの会 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。