FC2ブログ

明日の医療を考えるウロギネの会 ブログ

「明日の医療を考えるウロギネの会」の市民勉強会などをお知らせするブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

POPの会は、女性だけで気軽に話し合えます。

POPの会 4月30日(水)10時〜14時 
エルプラザ2階市民活動サポートセンター 12人用会議室
場所:札幌駅北口徒歩3分(?信号があるのでもう少しかかるように思いますが、地下道では札幌駅とつながっています)

POPの会(ポップのかい)は、女性限定です。
骨盤臓器脱や排泄の悩みを持つ女性、あるいは勉強したい方、ボランティア活動をしてみたい方のご来場をお待ちします。
参加費、申し込みは必要ありません。
差し入れ歓迎  時間内はずっといますので、いつでもどうぞ・・
              お茶を飲みながらゆっくりおしゃべりしたり、過去の勉強会のDVDを観ることもできます。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/08(火) 23:59:35|
  2. 交流会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウロギネ女性の会 ホントのミッション!

ウロギネ女性の会は患者会ではないの?医療者を支える市民社会をつくるとは?

 ウロギネ女性の会は、骨盤臓器脱とその症状である排泄障害の勉強会から出発したので、患者会と誤解されていますが病気と体について患者本人がしっかり勉強することを推奨する市民活動をしています。
市民が学ぶ勉強会ですから医療専門職の知識とは隔たりがありますが、診察室や病院の中で交わす会話の意味を理解することを目的にしています。患者は自分のこと、自分の体に責任を持っています。なぜなら、どのような選択をしてもその結果を一生背負って生きるのは、患者本人だからです。
 ウロギネ女性の会では、自分の体に起きていることを知りたい、病気について学びたい人はだれでも歓迎しますが、同時にウロギネ女性の会のミッションを理解し、いっしょにミッションを話し合いながら活動する方を求めています。
ウロギネ女性の会のミッションは医療者を支えたいです。また、医療者を支える市民社会をつくりたいです。
ご興味のある方、専門職の方もこちらからお申し込みください。男性も歓迎します。

テーマ:ボランティアさん募集 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2012/11/27(火) 03:37:28|
  2. 交流会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵庫県立柏原病院へ行ってきました

4月14日兵庫県立柏原病院で、小児科医師和久祥三先生と小児科を守る会の方達と交流会に行ってきました。
時計台記念病院女性総合診療センター長の藤井美穂先生とご一緒させていただきました。

三ノ宮からJRで1時間半、柏原は丹波地方と呼ばれる山間部の兵庫県側にある地方都市です。
ちょうど桜が満開でした。病院の周囲の林の方からは鶯の鳴き声が・・
昼食でお邪魔した山友樓さんの女将さんが病院まで送ってくれました。ありがとうございます。


柏原駅

柏原病院小児科を守る会の活動をお聞きして、ウロギネ女性の会の活動もご紹介させていただき、互いに
今後の活動について参考になる交流会だったと思いました。
ご参加いただいた皆さん、和久先生、ありがとうございました。
今後も、メールなどで交流を続けていきたいと思います。
車窓より
  1. 2012/04/18(水) 13:50:30|
  2. 交流会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

mack10go

Author:mack10go
連絡先
〒064-0808
札幌市中央区南8条西2丁目
市民活動プラザ星園407

011-251-1363
(相談専用電話:1週間毎に確認しているのでお返事には1週間以上かかることをご了承ください)


ホームページ
http://www.urogyne1017.com/

最新記事

カテゴリ

未分類 (23)
勉強会 (30)
通信 (3)
ポスター (1)
ポスター展 (7)
ホームページ (3)
Q&A (0)
Q&Aではなく・・ (1)
市民公開講座 (34)
電話相談 (13)
テレビ (1)
交流会 (3)
NEWS (1)
エルプラまつり (1)
ラジオ (2)
POPの会 (1)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。